法律相談といえば、弁護士の専門分野であるとつい思いがちですが、実は、司法書士事務所でも相談に乗ってくれる所があります。司法書士と言うと、相続や登記の専門家という印象が強いのですが、法務省の定める一定の研修を修了して、法務大臣から認定された場合、簡易裁判所における一部の訴訟、たとえば少額訴訟などの代理人を務めることができるようになりました。こういう司法書士のことを、認定司法書士と言います。また、弁護士事務所で相談をすると、30分で5400円の相談料がかかりますが、司法書士の場合は相談料を取らない事務所もあります。
もちろん気を付けておくべき点もあります。弁護士の場合はどのような訴訟であっても代理業務を行うことができますが、司法書士の場合は代理業務にいくらかの制約があり、たとえば訴訟の目的となる金額が、140万円以下でないと代理をすることはできません。例として債務整理で自己破産を行う場合、債務が140万円を超えた場合は、司法書士でなく、当事者が自分で破産宣告を行うことになります。とはいえ、書類も作ってくれますし、裁判所に同行して、どのように手続きをすればいいのかも教えてもらえますので、特に心配する必要はありません。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。